今後の仮想通貨の動向

仮想通貨といえば数年前は「億り人」とも呼ばれ、大きく値上がりすることで購入して放置するだけで多くの利益を得られた時期がありました。しかし、2018年にはバブルが崩壊し一気に下落してしまったため、稼ぐためには作戦をきちんと練らないといけないようになったものです。2019年は4月から7月にかけてビットコインが高騰しましたが、2020年は緩やかに推移しています。このため、価格が上がった今では仮想通貨に対して投資することは遅いなど言われてますが、実際にはそのようなことはなさそうです。なぜなら、2017年に仮想通貨バブルがありビットコインは1年間で約20倍になりましたが、その後は下落してしまうものの現在では大幅に上がって来ています。このため、今後はさらなる価格上昇が期待でき、10年後に100倍になることもありえそうです。

仮想通貨はFXをすると価格が下がっても利益を出せ、空売りをすると売り注文から入って価格が下がったところで買い注文を行えば差額が利益になります。また、2020年は東京オリンピックもあり仮想通貨はますます盛り上がる可能性があり、どの通貨を使うのか考えると良さそうです。注目すべきポイントは3つあり、知名度の高さ、実用性の高さ、リターンの大きさがあります。一方、将来を決める要因は6つあり、ビットコインETF、スケーラビリティ問題、仮想通貨の法規制、大手企業の参入、取引所の体制、仮想通貨の実用化です。この点を踏まえるとイーサリアムが将来性が高くなり、ビットコインに次いで時価総額ランキングで2位になっています。

今後の仮想通貨の動向は社会情勢の変化もありなかなか読みづらいものですが、FXをすれば価格が下がっても利益を出せます。ただし、海外の業者では現金よりも使いやすくて便利ですが、取り扱いを辞めている傾向があり使えなくなると厳しいです。また、アービトラージ取引などをすれば取引所間の価格差を利用して稼げるようになり、今後の状況を予測して計画を立てると利益は出せます。仮想通貨は価格変動リスクが大きくアービトラージ取引をする際には手数料がかかり、マイナスにならないようにしたいものです。アービトラージ取引やFXは仮想通貨で稼ぐ方法としても人気で、資産をコツコツと増やせるようになります。今後は社会情勢が大きく変化するため最新のニュースを確かめ、チャンスを逃さないように最適なタイミングを選ぶことが大事です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です