すぐに決済するのでローリスクな取引が可能

アービトラージは、かなり短期的に決済する事になります。一旦は新規のポジションを保有しても、数分や数十秒程度で決済する事が多いです。それだけに、あまり大きな金額は動きません。それはアービトラージのデメリットでもあり、メリットでもあるのです。

投資によっては大損失になる事も

投資取引をしますと、かなり大きな損失が発生してしまう事があります。数時間程度で100万円以上の損失が生じるケースもあれば、もっと大きな損失額になる事もあります。
なぜ上記のような大損失が生じるかというと、動かしている金額が大きいからです。人によっては、それこそ数百万円や数千万円ぐらいのお金を動かしている事もあります。動かすお金が大きければ、ハイリスクになるのは間違いありません。
不動産投資もその1つです。不動産物件は、全体的に販売価格は高めになっているでしょう。1億円ぐらいの不動産物件も、よく見かけます。それでマンション投資をしている方も、少なくありません。
それぐらいの金額になると、やはり損失額も大きくなる傾向があるのです。物件の価格が大きく下がれば、大赤字になってしまう事もありますから、十分注意を要します。

リスクを低くする為の少額投資

ところで損失額を低く抑えたい時は、少額投資という方法もあるのです。あまり大きなお金は動かさずに、金額を控えめにしてみるやり方もあります。
ミニ株や仮想通貨などは、少額投資する事も十分可能です。どちらの投資商品も、比較的少ない金額で動かす事ができますから、リスクを低く抑える事もできます。

早めに決済するのでローリスク

ところで冒頭でも触れたアービトラージという手法の場合は、それほどお金が大きく動く訳ではありません。アービトラージの場合は、かなり短期的に決済するからです。
一旦はポジションを保有しても、たいてい数分程度で決済する事になります。アービトラージで長期保有するケースは、殆どありません。超短期的に取引していけば、含み損が大きく拡大するのを防ぐこともできますから、ローリスクな取引を実現できるのです。
ただローリスクになる分だけ、利益額も若干限定されるデメリットはあります。動かす金額が小さいだけに、あまり大きく稼ぐ訳ではありません。
それでもアービトラージはおすすめという声も根強いです。ローリスクで取引していけば、一気に大きなお金を失ってしまう訳ではありませんし、アービトラージに注目している投資家も多いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です